Home > 強制連行訴訟 > | 書籍 > | 福岡 > | 関連の本・映像 > 三井三池炭坑 中国人強制連行資料復刊のお知らせ

三井三池炭坑 中国人強制連行資料復刊のお知らせ

三井三池炭坑 中国人強制連行資料が発行されました。

『葬火不熄烟』…葬いの煙は今も消えていない…(復刻版)
著者: 武松輝男(故)
発行: 日本中国友好協会福岡県連合会
価格: 1,000円+送料

この書籍は、1972年、強制連行訴訟の前提となる三井三池炭鉱の中国人労働の実態を克明に調査した、今となっては得がたい貴重な資料です。

内容
三井三池炭鉱との契約、強制連行、宿舎、食事、災害・病気・死亡、労働賦課、死亡者処置、未払い賃金、坑内災害等。

数字が多い文献ですが、著者は、「数字は強制連連行を受けた中国人の苦渋に比例している。ゆえに頑強って読みとってほしい」と述べています。

書籍販売は、多くの方lこ購読と普及をお願いするために、日中福岡県連と各支部が取り扱っています。
ご希望の方は、日中友好協会久留米・筑後支部 高尾翠あてに、部数と送り先を書いて、下記メールまたはFAXにて、ご注文をお願いします。
FAX: 0942-43-2275
E-mail:ginnotubasa@rose.ocn.ne.jp

Home > 強制連行訴訟 > | 書籍 > | 福岡 > | 関連の本・映像 > 三井三池炭坑 中国人強制連行資料復刊のお知らせ

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top