Home > 遺棄毒ガス訴訟 > | 遺棄毒ガス訴訟一次二次訴訟 > 遺棄毒ガス・砲弾第1次訴訟東京高裁判決を受けけての原告の声

遺棄毒ガス・砲弾第1次訴訟東京高裁判決を受けけての原告の声

●李国強さん
待ちきれません。命がもちません。私は結果が出る前に死んでしまうかもしれません。毎日薬を飲んでいます。体調が本当に悪いのです。これまでの薬代で一軒 の家を建てられたと思います。薬はとても高いのです。私の人生はこの被害によって大きく傷つけられました。なんと悲しい人生でしょうか。死ぬ前に必ず勝訴 の日を迎えたかった。

日 本政府がこのまま問題を解決しない態度であるならば私たち被害者は恨みをはらせずに死んでいくことになります。中国の態度は非常に明快です。歴史に学び明 るい未来を創りたいと考えています。日本のあの不名誉な歴史は、中国も、世界も、誰もが心に刻んでいて、忘れることのできないものです。被害者ならばなお さらです。日本は、なぜ過去の罪を認める勇気をもてないのでしょうか。私たち中国人は日本人に対して悪い感情はもっていません。しかし日本政府のことは許 せません。

国交正常化35周年を迎えようとしています。温家宝が訪日します。今中国は日本との友好を重視し、両国の問題を解決しようという姿勢でいます。しかしあの ような首相の慰安婦問題についての発言もありました日本はこちらを見ようとせず、事実を見ようともせず、どこに向かい何を求めているのでしょうか。

みなさまには心からの感謝を申し上げます。私は弁護団のお一人お一人がどれほど駆け回りこの裁判のために奔走してくださっているかとてもよくわかっていま す。弁護団をはじめとする日本の友人のみなさんを心から信頼しそして尊敬しています。他国の被害者のためにこれほど尽くすことは容易ではありません。中国 では考えられないことです。

私の生涯で、みなさんとの出会いだけは光り輝く歴史です。本当に、どうもありがとうございます。みなさんのがんばっていらっしゃる姿を思い起こし、病気や弱気な心と闘います。
ドウモアリガトウゴザイマス!(日本語で言ってくれました)

●張岩さん
判決はあまりに不当です。理にかなっていません。事実を認めているのに責任を回避している。日本は中国人を人間として尊重しないのですね。またこのような判決かとがっかりしました。

安倍首相が慰安婦問題で謝罪しましたが、毒ガス問題についても考えてほしい。安倍首相と話ができるならぜひ直接話したいです。あなたの国の法律っていった いどんな法律なのですかと問いたいです。私の家族、親戚、同僚はみな、この裁判に関心を寄せ望みをかけてきました。しかしこの結果は私たちだけでなくすべ ての中国人を落胆させるものです。弁護団にお願いです。即刻上告してください。

近頃の生活は特に変わりありません。ただ、冬は喘息の症状がひどく、風邪をひきやすいです。
弁護団のみなさん、支援者のみなさん、私たちの裁判のためにこれまで長い間、ご尽力くださりました。本当にありがとうございます。感謝しています。

この先、何かすべきことがあれば中国で何でもします。どうかこの先も、みなさまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

Home > 遺棄毒ガス訴訟 > | 遺棄毒ガス訴訟一次二次訴訟 > 遺棄毒ガス・砲弾第1次訴訟東京高裁判決を受けけての原告の声

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top