Home > 中国人戦後補償Q&A > Q2:村山談話などで過去の戦争に対して反省の言葉を述べているしやない?

Q2:村山談話などで過去の戦争に対して反省の言葉を述べているしやない?

A:確かに、終戦50年に際し、村山首相が出した談話(1995年8月15日)では戦争への反省と被害を受けた人達へのお詫びが表明されています。しかし、反省は、被害者である中国国民に受け入れられて初めて意味があります。日本政府は、戦時中に犯した一つ一つの事件について責任を認めず謝罪もしていません。ましてや、小泉首相がA級戦犯を祀る靖国神社を参拝したり、閣僚が「従軍慰安婦」の存在を否定する発言をするなど反省の言葉に反する行動をしており、村山談話の精神を引き継いでいるのか疑問と言わざるを得ません。この点はドイツとまったく異なっているといえます。

Home > 中国人戦後補償Q&A > Q2:村山談話などで過去の戦争に対して反省の言葉を述べているしやない?

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top