Home > All連帯 > | ハイナンNET > | 中国人「慰安婦」裁判を支援する会 > | 東京 > マイケルM.ホンダ下院議員 のスピーチ

マイケルM.ホンダ下院議員 のスピーチ

アジア、太平洋、地球環境小委員会
外交委員会

米下院
「慰安婦」の人権の保護についての公聴会

2007年2月15日(木)

ファレオマヴァガ議長、この歴史的な公聴会を開催したことを感謝します。そして、小委員会で私に証言するよう招待して頂いたことを感謝します。 また私は、慰安婦悲劇についての私の考えを共有する機会が与えられたことを有難く思っています。これについては、私の親友であり私たちの元同僚レーン・エ ヴァンスが長い間、連邦議会で取り上げられるべきだと主張しておられました。

小委員会の委員の方々がご存知のように、私は第二次世界大戦中に日本帝国軍が若い女性や少女に性奴隷になることを強制したことを明瞭であいまいな所のない やり方で認め、謝罪し、それに対する歴史的な責任を果たすように日本政府に要求する決議H.Res.121を最近上程しました。

遠回しに「慰安婦」として知られる、これらの踏みにじられた女性たちには、アジア諸国からだけでなくオランダ人女性をも含まれていますが、あまりにも長期に渡って、尊厳と名誉を拒まれてきました。

慰 安婦に正義を求めることに対する私の関心はサンホセで学校教師をしていた頃に始まりました。20年前、私は日本の文部省が検定合格教科書から慰安婦悲劇を 省略するか、控えめに扱おうと努めていることを知りました。 歴史的な和解に興味を持っていた一教師として、私は詳細から尻込みせずに、悲劇と不正を教え、話すことの重要性を知っていました。正直さと率直さなしで は、和解の土台にはなりません。

私は日本が元敵国との間で長年、未決着にしている歴史問題についてその後も研究を続け、ついにカリフォルニア州議会での和解への努力にまでに至りました。
1999年には、私が州議会両院合同決議27(AJR27)を書きました。それは、南京大虐殺の被害者、慰安婦、および奴隷労働者として使われた捕虜に謝 罪することを日本政府に要請するように議会に求めたものでした。決議は最終的に可決されました。

AJR27 が可決した後ほぼ9年経った今、私は超党派でH.Res.121を支持してくださる下院の同僚数人と心を共にして立っています。わたしたちと一緒に慰安婦 生存者の方々もおられます。この決議を迅速に成立させるために、この委員会と議会は緊急に行動すべきです。これらの女性は高齢です、そして1日1日と過ぎ るごとに生存者の数は少なくなります。今私たちが行動しなければ、私たちは慰安婦の苦境に対して正当に責任を認めるように日本政府を励ます歴史的な機会を 逃すことになります。

日本の選良はこの問題と取り組む処置を行い、それについては、彼らは賞賛されるべきです。 1993年に、日本の当事の内閣官房長官河野洋平は、慰安婦に関する好意的な談話を発表しました。それは、政府の彼女らの苦難に対する心からの謝罪および 遺憾の念を表明したものでした。

加えて、日本はアジア女性基金を通じて慰安婦生存者に金銭補償を提供しようとしました。同基 金は慰安婦への償いを目標とするプログラムとプロジェクトを実行する目的をもつ政府主導の拠出金の大部分が政府から来た民間財団です。このアジア女性基金 は2007年3月31日に解散されます。

しかしながら、河野長官談話を調査し、恐らくは撤回しようとする日本の与党自由民主党の何人かの古参党員による最近の試みには落胆させられますし、また日本のこの問題についてごまかしの汚点をつけるものです。

加 えて、私はアジア女性基金の創立や、この基金から数人の慰安婦に対して配られた金銭的補償とそれに添付された過去の首相の謝罪を評価していますが、現実 は、大多数の慰安婦生存者は日本政府からの真実で明白な謝罪なしに、これらの資金を受け取ることを拒絶しました。実際、あなたがたは今日聞くことになりま すが、多くの慰安婦が謝罪の言葉はわざとらしく、不誠実だと感じて、金銭補償に伴う首相の謝罪状を返還しました。

議長殿、私の意図をすっかり明らかにさせてください:この決議は歴史的な和解とそれからの前進を与えます。これはいかなる形でも私たちと日本との強い 関係を損なう意図はないし、そうすべきではありません。私は、多数の方々がこの決議は不必要であると強く感じているというふうに聞いております。あまりに 過去に注目し過ぎだ、また日本との私たちの同盟関係と共に(アジア)地域の安定に否定的な影響を与えるのではないかと心配だと。

これらの心配には根拠がありません。 慰安婦悲劇に対する責任を取ることは日本ほどの偉大な国家にふさわしい行為だと強く感じます。 私はまた歴史的な懸念事項がようやっと解決して、この問題についての和解が(アジア)地域における(国家)関係に肯定的な効果があるだろうと強く感じてい ます。

私は下院の議員たちが歴史的に意義ある問題についての謝罪が重要であること、そして、それらが違いを調和させ、過去の行為を償う試みの中で最初のそして必 要な一歩であることを国会議員が理解するように求めます。 私たちの政府は自身で誤りを犯しました。 しかし、分別をもって、悪事を認めるという困難な選択をしました。

例えば、1988年に下院はH.R.442988年市民的自由法を可決し、ロナルド・レーガン大統領はそれに署名して、法律になりました。それは、第二次世界大戦中に捕虜収容所に不当にも入れられた、日系米国市民への正式な謝罪でした。

幼児のとき捕虜収容所に入れられた者として、私は過去に無知であってはならないこと、また間違いを認める政府の措置による和解だけが永続する唯一つのものだということを身をもって知っています。

強制収容によってその市民・憲法上の権利が侵害された多くの日系アメリカ人にとって、歴史の暗い一章は1988年市民的自由法によって閉じられましたが、 それは40年以上経った後に出現しました。賠償を求めることは長く骨の折れる旅路でした。しかし、謝罪が一旦来たとなると、明らかで、あいまいなところは ありませんでした。平和な国際社会の成長を促進するために、また私たちが最終的に安心できるように、過去の問題をとり扱うことを要求して和解を求めること は私たちの世代がやるべき正当なことです。

議長、和解とこの女性たちの正義のために、私は一生懸命に働き、この3人の生存者にワ シントンへ来ていただきました。イ・ヨンスさん、キム・クンジャさん、そしてジャン・ルフ・オヘルネさん の方々です。彼女たちは女性に対する戦時暴力の顔であります。彼女らの言葉は単なる歴史ではなく、今も継続する 紛争下の女性が被る組織的虐待をも語るものです。 この決議が不要だと感じておられる議員の方々はこの3人の女性を見れば十分でしょう。彼女たちは自分たちの事だけでなく、ビルマ、ボスニアそしてダルフー ルの若い女性のために語っていることを知っています。私は委員会がH.es.121を下院議会で表決できるよう、速やかに行動されることを求めます。 この女性たちの強さと人間性、そして彼女たちが証言する真実は、この決議を止めようとするいかなる政治的圧力を凌駕するに違いありません。

ご清聴ありがとうございました。

Home > All連帯 > | ハイナンNET > | 中国人「慰安婦」裁判を支援する会 > | 東京 > マイケルM.ホンダ下院議員 のスピーチ

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top