Home > チチハル事件訴訟 > | チチハル8・4被害者を支援する会 > | 化学兵器被害の解決を目指す共同行動 > | 東京 > | 遺棄毒ガス訴訟 > 院内集会終了しました。

院内集会終了しました。

2009_11_16_院内集会01.jpg
国会議員7名、秘書13名が出席してくれました。

☆本人出席 
古賀一成・衆(民主党)、近藤昭一・衆(民主党)、藤田幸久・参(民主党)、
松野信夫・参(民主党)、相原久美子・参(民主党)、辻恵・衆(民主党)、
吉井英勝・衆(共産党)

☆秘書による代理出席
今野東・参(民主党)、石毛えい子・衆(民主党)、田島一成・衆(民主党)、
首藤信彦・衆(民主党)、工藤仁美・衆(民主党)、服部良一・衆(社民党)、
漆原良夫・衆(公明党)、西田まこと・参(公明党)、大口善徳・衆(公明党)、
塩川鉄也・衆(共産党)

議員からの挨拶のあと、茨城県神栖の被害者の青塚さんのお話。当時2ヵ月だった長男のリュウ君は、砒素の入った井戸水を飲んだために脳に障害を負ってしまいました・・・。今は養護学校に通っています。「これからも、この子はみなさんと同じような生活はできないと思います・・・。なぜうちが。なぜこの子が。私たちに落ち度はないのに…。政府はきちんと対応してほしいです。」と、この数年間の苦しい思いを伝えました。

その後、チチハルの3人の原告のうち、王立冬さんが代表で、被害を語りました。法廷の尋問のようには時間がありませんでしたが、それでもご自分の被害にあった状況と、入院してからの絶叫するような処置の痛み、帰宅後の体の変化と周囲の変化、差別などの状況も訴えました。

そして、神経内科の橘田医師から被害の説明がありました。パワーポイントで非常にコンパクトに、しかし要点をしっかりまとめてあり、全人生被害であるということがしっかり読み取れました。

そして、裁判でも上映された、ユ景芝さんの映像の、10分短縮バージョンが流されました。「私はもう生きていたくないです……。私が一日でも早く死ねば、夫も子供も苦労しなくて済む。薬代のお金もかからなくて済みます」という言葉は、胸に刺さりました・・・。涙なしには見れないです。原告の施青さん、王立冬さんも映像を見ながら涙をぬぐっていました。同じ思いをされているんだと思います。泣いている秘書の人もいました。一方で、部屋が暗くなったからか居眠りしている秘書もいて、かなり叩き起そうかと思いましたが(笑)、やめときました。

議員や秘書たちに、彼らの思いが通じましたかね!通じた事を願います。そして一日でも早く、対策を立ててくれることを願うばかりです。

 

Home > チチハル事件訴訟 > | チチハル8・4被害者を支援する会 > | 化学兵器被害の解決を目指す共同行動 > | 東京 > | 遺棄毒ガス訴訟 > 院内集会終了しました。

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top