Home > 事務局日誌 > 遺棄毒ガス。チチハル事件控訴審判決にむけて

遺棄毒ガス。チチハル事件控訴審判決にむけて

  • Posted by: 中国人戦争被害者の要求を支える会事務局
  • 2012年9月10日 17:40
  • 事務局日誌

 チチハル裁判控訴審の判決は9月21日の午後2時に東京高裁の大法廷101号法廷で言い渡されます。勝利判決を確信してこれまでとりくんできましたが、判決日の支援の行動を提起します。12時半裁判所前集合、ビラまき宣伝行動をします。1時半に入廷行進、2時の判決後、門前集会。さらに報告集会は午後6時半から、文京区民センター(都営地下鉄三田線・春日駅スグ上)でおこないます。こちらは資料代500円をお願いします。判決にあたり、中国から被害者を招請します。董粉宏さん、丁樹文さんの二人が判決に立ち会います。このほかに中国で支援してきた弁護士の羅麗絹さんも来日されます。

 判決をうけて、解決のための政治への働きかけもすすめます。22日(土)には午後1時~新宿アルタ前で都民宣伝をおこないます。24日(月)は朝8時半から首相官邸前でビラまき宣伝活動おこないます。この日の午後に院内集会も予定しています。

 さらに引き続き、政治解決を求めるため、27日に楊樹茂さんの来日をお願いして、活動を続けます。皆さんのご協力をお願いします。

 また、平頂山事件がおこった9月16日にあわせ、現地撫順で式典がおこなわれますが、今年は平頂山事件89周年ということで、大きな式典になります。これに日本からも多くの参加者が予定されていますが、事務局からも参加を予定しています。帰国後ご報告します。

Home > 事務局日誌 > 遺棄毒ガス。チチハル事件控訴審判決にむけて

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top