Home > 事務局日誌 > 遺棄毒ガス事件ふたつの裁判勝利にむけて

遺棄毒ガス事件ふたつの裁判勝利にむけて

  • Posted by: 中国人戦争被害者の要求を支える会事務局
  • 2012年3月 7日 11:26
  • 事務局日誌

 先月末から「遺棄化学兵器被害解決ネットワーク」でとりくみを決定し、すすめていることが三つあります。①敦化裁判勝利にむけての東京地裁宛署名のとりくみです。判決が4月16日ということで、この一ヶ月前にまず署名を提出しようと努力しています。皆さんの協力で続々と署名が集まり、600を越えています。②チチハルは結審が近づいていますが、こちらは個人の「上申書」を出そうととりくんでいます。現在、一人ひとりの思いがびっしり書かれた上申書が事務局に届いています。これも引き続き強めます。一回目の提出は3月23日の結審日を予定しています。③チチハル裁判勝利にむけての団体署名に取り組んでいます。こちらも続々署名をいただいています。

 別のとりくみですが、4月15日に731部隊事件の被害者遺族を招いて集会をしようというとりくみもすすめています。90年代に来日していただいた王亦兵さんをお招きします。4月15日(日)午後1時半から、青山の東京ウィメンズプラザのホールで証言集会をおこないます。この日は浙江省の細菌戦の被害者も来日し、証言します。

Home > 事務局日誌 > 遺棄毒ガス事件ふたつの裁判勝利にむけて

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top