Home > 事務局日誌 > チチハルの裁判と731被害者遺族の来日

チチハルの裁判と731被害者遺族の来日

  • Posted by: 中国人戦争被害者の要求を支える会事務局
  • 2010年11月15日 15:12
  • 事務局日誌

来週、ふたつの大きなイベントがあります。ひとつは731部隊被害者遺族の来日です。731部隊に連行されたことがわかっていて、帰ってこない人たちの遺族が少しずつわかってきています。李風琴さん(69歳)のお父さんは731部隊に連行されて帰ってきませんでした。李さんをむかえての証言集会を23日(休日)午後6時半から東京池袋の豊島区民センターでおこないます。「悪魔の飽食」合唱団のうた、森村誠一さんの講演もおこないます。この準備をしています。

もうひとつはチチハル事件の裁判です。控訴審の第一回目で101号法廷という大きな法廷です。原告・楊樹茂さんの意見陳述があります。もうひとり丁樹文さんも来日します。たくさんの傍聴者で法廷を埋め尽くすよう準備をすすめています。報告集会は裁判後、弁護士会館の12階講堂です。このあと、27日・群馬、28日・千葉でも集会をひらきます。

同じ時期にふたつの事件の被害者(とその遺族)が来日します。お互いの集会・裁判には応援にかけつけます。

 

Home > 事務局日誌 > チチハルの裁判と731被害者遺族の来日

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top