Home > 事務局日誌 > 運営委員会をひらきました。

運営委員会をひらきました。

  • Posted by: 中国人戦争被害者の要求を支える会事務局
  • 2010年6月23日 21:05
  • 事務局日誌

先週土曜日19日に運営委員会を開きました。撫順の戦犯管理所リニューアルツアーに参加した人もあり、いろいろ会議がかさなっていて、参加者は10名と多くはありませんでしたが、全国からの参加がありました。福岡・京都・宮城・群馬・山形などからの参加がありました。西松和解の経過・意義これからの展望などをだしあい、運動の方向も話し合いました。世論を大きくして、政治を動かす、という大きなところでの議論ができました。

今週になって一昨日は遺棄毒ガス敦化事件の裁判期日がありました。国の責任を追及する原告側の弁論がありました。国は「責任がない」ことを主張していますが、敦化は、ピンポイントで遺棄した証拠が残っていて、自己がおこる予見性も結果回避の可能性もあり、国の責任はまぬがれないことを原告側代理人は主張しました。次回は9月13日(月)午前11時半、東京地裁705号法廷ということになりました。

Home > 事務局日誌 > 運営委員会をひらきました。

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top