Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第15号(1998年12月10日発行)

ニュース第15号(1998年12月10日発行)

  • 「731部隊・南京大虐殺・無差別爆撃事件」訴訟の結審にあたって
    • 結審に日本の良心が問われている   森村 誠一(作家・代表委員)
    • 21世紀を近隣アジア民衆と共生していくために   笠原十九司(宇都宮大学教授・中国現代史)
  • 「731・南京」結審で 八人の弁護士が感動的な弁論を展開   弁護士 笹本潤
  • 「731・南京・無差別空爆」訴訟結審にあたって全国の会員からひとこと
    • 戦争は終わっていない誤ちを犯した国が誤ちを認めるまで   早乙女勝元(作家)
    • 勝たなければならないたたかい   北海道 赤坂忠亮(会員・日中友好協会釧路支部理事長)
    • 「公正と信義」を履行する誠意をこめた判決を   長野 池田錬二(長野県の会会長)
    • 日本人の人間性、良心が問われる   高知 玉置啓子(高知県在住会員)
    • 来世紀を平和の時代とするために   福島 小堀新一郎(福島在住会員)
    • 家永訴訟最高裁判決の勝利をバネに   宮城 中森孜郎(宮城の会代表、宮城教育大学名誉教授)
    • 歴史的な判決が出ることを願って   埼玉 遠藤光司(会員・越谷北高校教諭)
    • 一人一人が力をふりしぼって   東京 菊池実生(東京都在住会員)
    • 「歴史認識」を誤らないような判決を   愛知 大橋満男
  • 「支える会」京都支部が結成 大江山ニッケル、原告劉宗根氏も裁判で来日
  • 大江山ニッケル鉱山強制連行事件第一回公判終わる-被告企業は、事実関係を争わない姿勢-
  • 劉さん等数十人が現地調査-京都府下加税町へ   吉田元
  • 長野訴訟第1回口頭弁論 原告2名の53年目の陳述(弁護士 村上晃)
  • ILOを訪問して 戦争責任を率直に認める政治こそ求められている  東京地評副議長 山口弘文
  • 国連人権機関における「慰安婦」問題(上)   前田朗
  • ’98スタディツアー 731部隊の跡を訪ねて
  • 岩波ブックレット「中国人戦争被害者と戦後補償」   穂積剛
  • インターネット通信 浅草「html」教室奮闘記   ダダ
  • 戦争被害調査会法の早期実現を   俵義文
  • 中国人戦争被害賠償請求諸裁判の現状
    • 731・南京虐殺等事件   弁護士 山田勝彦
    • 毒ガス遺棄被害事件   弁護士 笹本潤
    • 平頂山事件   弁護士 泉澤 章
  • 短信
    • フィリッピン元「慰安婦」裁判棄却される
    • 中国・山西省性暴力被害裁判提訴される

Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第15号(1998年12月10日発行)

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top