Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第16号(1999年2月10日発行)

ニュース第16号(1999年2月10日発行)

  • 「731・南京・無差別爆撃」事件訴訟判決に向け大量の要請ハガキと署名を裁判所へ
    • 事実を認め、謝罪と補償をすることが当たり前であることを   藤原彰(歴史学者・代表委員)
    • 最後の大きな一歩はみなさんの運動に   尾山宏(弁護団長)
  • 「731・ 南京・無差別爆撃」訴訟の実質的な結審が12月2日東京地裁で行われ、及川信夫(はじめに)、兵頭進(被害及び損害について)加藤文也(国際法について。 本紙のまとめは山田勝彦弁護士)、穂積剛(国際私法について)、中野比登志(中国法について)、南典男(時効・除斥について)、川上詩朗(国家無答責につ いて。次号掲載)、尾山宏(おわりに)、八人の弁護士が被告(国側)を圧倒する感動的な弁論を行いました。要旨を紹介します。(弁論順)
    • はじめに   及川信夫弁護士
    • 被害及び損害について   兵頭進弁護士
    • 国際法について   加藤文也弁護士
    • 国際私法について   穂積剛
    • 中国法について   中野比登志弁護士
    • 時効・除斥について   南典男弁護士
    • 国家無答責について   川上詩朗(この部分は次号掲載)
    • おわりに   尾山宏弁護士
  • 国連人権機関における「慰安婦」問題(下)   前田朗(東京造形大学教授)
  • 「731・南京・無差別空爆」訴訟結審にあたって全国の会員からひとこと
    • 子どもたちの声に誠意をもって   秋田 富樫康雄(秋田在住会員・「花岡の地」日中不再戦友好碑をまもる会)
    • 歴史に恥じない判決を   埼玉 浅井勉(埼玉県在住会員)
    • 歴史を正視してこそ世界の友人になれる   東京 及川正雄(会員・世田谷区職員労働組合 政治共闘部副部長)
    • 「許せん!」という思いが心から湧いて   宮崎 谷本洋(宮崎県在住会員)
    • 中国への謝罪の旅を終えて   東京 大矢綾子(東京在住会員)
    • 両親が常識となることを   京都 川畑康郎(京都在住会員・京都平和友の会会長)
    • 過去を清算することで明るい未来が   京都 西村千津(京都在住会員)
    • エイズと731部隊そして性差別   大阪 佐治麻理子(大阪在住会員)
    • 「歴史認識」を曲げず責任のある結審を   青森 道合政邦(青森在住会員)
    • 「731・南京」訴訟を傍聴して   埼玉 関口暁子(埼玉県在住会員)
  • 映画「南京1937」をめぐる始まりとその展開   木全純治
  • 全国各地からのレポート     
    • 京都   桐畑米蔵
    • 宮城   豊永敏久
  • 好!青年(ハオ!チンニェン)
  • 裁判の現状
    • 平頂山事件   弁護士 泉澤章
    • 「慰安婦」   弁護士 高橋早苗
    • 731・南京・爆撃   弁護士 森田太三

Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第16号(1999年2月10日発行)

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top