Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第26号(2000年10月10日発行)

ニュース第26号(2000年10月10日発行)

  • 中国人強制連行事件第一次訴訟原告劉連仁さんが死去-裁判に勝つまで、子や孫の代まで闘いは続ける-
    • 劉さんの本が一歩遅れて・・・   早乙女勝元(作家)
    • 劉連仁さんの死去に関する新華社通信報道(新華社済南9月5日電)(編集部訳)
    • 劉連仁さんの思い出   坂野秀久(NHK大阪放送局記者)
    • 劉さん二つの遺言
    • 安らかにお眠りください   高橋融(中国人強制連行事件弁護団団長・弁護士)
    • 劉連仁さんの圧倒的な気力が   木島始(詩人)
    • 長生きしてほしかった劉さん   鴫谷節夫(中国人殉難者全道慰霊祭事務局長・小樽在住)
    • 劉さんの障害忘れないことば   山崎幸(談・当別町在住)
    • 劉連仁さんを発見した 袴田清治さん(談・当別町在住)
    • 劉さんのお世話と通訳で奮闘した 席占明さん(札幌華僑総会副会長)
    • 劉さんが滞在した「えびすや」旅館の 渡辺一夫さん 渡辺静江さん
    • 華僑総会で強制連行事件を担当した 呉修竹さん(元東京華僑総会常務理事)
  • 劉連仁さんが発見され、帰国まで、いくつかの声明書・談話などを発表しています。また、帰国二日前に出された政府側の書簡(あとにも、先にも1通のみ)、そして「戦後補償国際フォーラム」(95年)での声明もご紹介します。
    • 日本政府にもの申す 1958年2月26日 中国人捕虜 劉連仁
    • 声明書 1958年4月9日 劉連仁
    • 劉連仁声明   劉連仁 1995年8月15日
    • 愛知揆一官房長官より劉連仁さんへの書簡  昭和33年4月8日
  • 劉連仁さんの発見から帰国まで
  • 中国人強制連行事件京都訴訟裁判所4人の承認を採用   桐畑米蔵
  • 10月28日「南京虐殺事件の事実をみんなのものに-東京集会」成功のために協力を!
  • 「強制労働」問題全面解決をめざして 日・米・中弁護団共同行動へ   中国人戦争被害賠償請求弁護団幹事長 小野寺利孝
  • 来年は「支える会」の正念場―結審・判決が続々と   事務局長・山田勝彦
  • BOOK パンフレット「あぶない教科書がやってくる」   石川久男
  • 支える会合宿が行われました   山田勝彦
  • 中国こぼれ話 第4回 中国の風俗業界   井上久士
  • 混声合唱組曲「悪魔の飽食」広島公演を終えて   ピースウエーブ2000「悪魔の飽食」コンサート運営委員長・熊谷勇二
  • 「新しい歴史教科書を作る会」が仙台・塩竃市議会へ請願   宮城の会事務局 豊永敏久
  • 全国で評判展示パネル
    • 室蘭   三好敏朗
    • 岡山   竹内和夫
  • 中国人戦争被害賠償請求裁判の現状
    • 新潟訴訟   弁護士 小川和男
    • 福岡訴訟   弁護士 松岡肇
    • 北海道訴訟   弁護士 田中貴文
    • 強制連行東京訴訟   弁護士 森田太三
    • 「慰安婦」   弁護士 坂口禎彦
    • 李秀英名誉毀損   李秀英裁判を支援する会事務局次長・弁護士 南典男
    • 遺棄毒ガス   弁護士 笹本潤
    • 平頂山事件   弁護士 泉澤章
  • 全国各地からのレポート
    • 長野   大西晃広
    • 群馬   山田和夫
    • 新潟   佐藤茂
    • 宮城   豊永敏久
    • 福岡   笠井進
  • 好!青年(ハオ!チンニェン) 木村洋子(きむらようこ)さん登場(大学生)

Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第26号(2000年10月10日発行)

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top