Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第30号(2001年6月10日発行)

ニュース第30号(2001年6月10日発行)

  • 中国人「慰安婦」第1次訴訟 原告の請求を棄却 原告も控訴して最後まで闘う決意   大森典子(中国人「慰安婦」弁護団団長)
  • 5 月30日、東京地裁で中国人「慰安婦」第一次訴訟(原告李秀梅、劉面煥、周喜香、陳林桃四名)の判決が言い渡され、事実認定もないまま原告の請求を棄却す るというおそまつとしかいいようのない内容でした。中国人「慰安婦」裁判を支援する会の共同代表、そして弁護団、支援する会のみなさんにコメントをいただ きました。
    • 私たち市民の手で裁こう   松井やより(中国人「慰安婦」裁判を支援する会共同代表)
    • 司法が被害者に更なる人権侵害を加え   西野瑠美子(中国人「慰安婦」裁判を支援する会共同代表)
    • 事実を直視すれば結論ははっきりしている   寺沢勝子(弁護士)
    • あたり前のことが通用しない日本   元永佐緒里(弁護士)
    • 他の裁判ではみられない異例、異様さ   三木美恵子(弁護士)
    • 裁判で闘うことが生きること   石田米子(岡山大学教授)
    • 勇気ある告白を無駄にしないために   信川美津子(中国人「慰安婦」裁判を支援する会会員)
    • 事実をより多くの人たちに   安達洋子(中国人「慰安婦」裁判を支援する会会員)
  • 中国人強制連行事件第一次訴訟(劉連仁事件)の決心が2月1日に行われ、弁護団は総力で最終陳述を行いました。前号に続き、陳述を掲載します。戦後の国家賠償法(坂口)、時効・除斥(福地)、立法不作為(児玉、中山)、本件訴訟の意義(高橋)。
    • 国内法に基づく請求 戦後の国家賠償法   弁護士 坂口禎彦
    • 国内法に基づく請求 時効、除斥   福地直樹
    • 立法不作為   弁護士 児玉勇二
    • 立法不作為   弁護士 中山武敏
    • 本件訴訟の意義   弁護士 高橋融
  • 「慰安婦」結審にあたって 女性国際戦犯法廷の視点から(上) -西野瑠美子さんの講演-
  • 『ドイツ外交官の見た南京事件』出版をめぐって編集・翻訳した石田勇治さんにきく(東京大学助教授)
  • 第2回強制連行・強制労働フォーラムひらく   弁護士 森田太三
  • 李秀英名誉毀損裁判弁護団南京で調査活動   弁護士 大江京子
  • 李秀英名誉毀損裁判被告・松村俊夫氏の「根拠」は・・・?   弁護士 穂積剛
  • 中国こぼれ話 第7回 中国の風呂屋(続き)   井上久士
  • 新刊紹介 人権を考える本 岩崎書店   山田勝彦
  • 全国各地からのレポート
    • 北海道   浅井俊雄
    • 長野   斉藤聖司
    • 新潟   佐藤茂
    • 宮城   豊永敏久
    • 京都   桐畑米蔵
    • 群馬   山田和夫
  • 中国人戦争被害賠償請求裁判の現状
    • 北海道訴訟   弁護士 田中貴文
    • 福岡訴訟   弁護士 松岡肇
    • 強制連行   弁護士 森田太三
    • 李秀英名誉毀損   弁護士 南典男
    • 731・南京   弁護士 笹本潤
    • 遺棄毒ガス   弁護士 笹本潤
  • 好!青年〔番外編〕 香港を訪れて 矢口仁也さん登場(中国人戦争被害者の要求を支える会 運営委員)

Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第30号(2001年6月10日発行)

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top