Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第31号(2001年8月10日発行)

ニュース第31号(2001年8月10日発行)

  • 中国人強制連行事件第一次訴訟(7月12日)「劉連仁事件」全額勝訴 7月23日には日本政府は控訴
  • 劉さんにこの判決を聞かせてあげたかった   中国人強制連行事件弁護団長 高橋融
  • 劉連仁事件判決弁護団声明
  • 7・12 判決日ドキュメント   弁護士 穂積剛
  • 判決の概要   弁護士 福地直樹
  • 劉連仁判決で感じたこと   弁護士 康健
  • 7月12日東京地裁「劉連仁事判」判決に対する「中国人戦争被害者の要求を支える会」の緊急声明
  • 判決後の報告集会   西本浩一
  • 劉連仁判決 控訴断念要請行動 7月12日~27日
  • 劉煥新さん日本政府の控訴に怒りの会見
  • 支援の輪を更にひろげきちんとした解決を政府に迫っていきたい   川田悦子(川田えつこのホームーページより)
  • 7 月12日東京地裁で劉連仁事件の判決が出されました。いろいろと問題は残されているとはいえ、請求全額を勝ち取るという戦後補償裁判では画期的な判決でし た。弁護団始め、いつも支援していただいている各団体、個人の方がたに判決についての感想を述べていただきました。(順不同)        
    • 広くかつ深い影響を与える可能性を内包   小山宏(中国人戦争被害賠償請求事件弁護団団長)
    • 劉さんに何もしなくていいと思っているんですか   木島始(英文学者・詩人)
    • 政府責任追及の橋頭堡は築かれた   矢野秀喜(強制連行・企業責任追及裁判全国ネットワーク事務局長)
    • 裁判官が自身をもって書いた判決だ   森田太三(中国人強制連行事件弁護団事務局長)
    • 日本の歴史認識を考える重要な素材となるだろう   藤原彰(歴史学者)
    • 相次ぐ不当判決のなかで光明を見出した気持ち   田中貴文(北海道訴訟弁護団事務局長・弁護士)
    • カンタータ「脱出」を聴いて身の縮むほどの衝撃   木村康子(日本母親大会実行委員長)
    • 新たなファイトが湧いてくる   早乙女勝元(作家)
    • 全面勝利までがんばりましょう   伊藤敬一(日中友好協会会長)
    • 政府の控訴は極めて冷淡かつ人権感覚乏しい   上野志郎(強制連行問題研究者)
    • 初めて見た 退席する裁判官に拍手が   新潟訴訟弁護団・弁護士
  • 南京地裁 中国・海南島戦時性暴力被害事件 謝罪と名誉回復求め提訴 7月16日   弁護士 坂口禎彦
  • 劉連仁追悼カンタータ「脱出」公演 東京公演は6年ぶり 満席の1100人が会場埋めつくす 7月3日・きゆりあん大ホール
  • 中国国内では劉連仁判決がどう報道されたか   井上久
  • 劉連仁事件の控訴に対する弁護団の抗議声明
  • 各政党への公開質問状の回答結果
  • 「慰安婦」結審にあたって 女性国際戦犯法廷の視点から(中) -西野瑠美子さんの講演-
  • 全国各地からのレポート
    • 京都   桐畑米蔵
    • 群馬   山田和夫
    • 福岡   笠井進
    • 宮城   豊永敏久
    • 新潟   佐藤茂
  • 中国こぼれ話 第8回 トイレの話   井上久
  • 中国人戦争被害賠償請求裁判の現状
    • 731・南京   弁護士 山田勝彦
    • 福岡訴訟   弁護士 松岡肇
    • 新潟訴訟   弁護士 金子修
    • 北海道訴訟   弁護士 田中貴文
    • 李秀英名誉毀損   弁護士 南典夫
    • 平頂山事件   弁護士 泉澤章
    • 強制連行   弁護士 森田太三
    • 遺棄毒ガス   弁護士 笹本潤
    • 「慰安婦」   弁護士 坂口禎彦
  • 好!青年(ハオ!チンニェン) 早乙女民(さおとめたみ)さん登場(イラストレーター)

Home > 機関誌「すおぺい」バックナンバー > ニュース第31号(2001年8月10日発行)

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top