Home > 中国こぼれ話 > 第13回:梅花鎮

第13回:梅花鎮

3月中旬、河北省藁城市の梅花鎮を訪れた。梅花鎮といっても日本人は普通知らない。恥ずかしながら、実は私もそこに行くまでよく知らなかった。今回、河北省の省都石家荘へ資料調査に行った際、河北省社会科学院の案内で訪問する機会をえた。

石家荘から東へのびる高速道路は、藁城市付近まではほぼ鉄道(石徳線)に平行に走っている。藁城市を過ぎしばらく行ってから右折し、鉄道を横切り田舎道を南下する。一面の平原である。藁城市の南端に梅花鎮はあった。もう少し行くと趙県である。

1937年7月日中全面戦争が始まると、北京から南下した日本軍は、9月23日保定、28日定県、10月10日石家荘を占領した。9月下旬から10月上旬 にかけて、石家荘付近では両軍の激しい戦闘が続いていた。中国側にあって平漢線(現在の北京・武漢間の鉄道)一帯を防衛していた第53軍691連隊(呂正 操連隊長)が、一時拠点としていたのが梅花鎮である。11日夜、691連隊は撤退したのだが、日本軍は12日朝この村を占領し、その後15日に去るまで一 般村民に対する暴行と虐殺が行われたという。

1947年の調査によると、戦前2500人ほどのこの村で、1547人が殺害されたという。今はのどかな農村のたたずまいだが、この事件を忘れないため に、村には新たに改築された梅花鎮惨案紀念館が設けられている。吉秋群館長ときれいな案内員の小姐が迎えてくれた。紀念館の敷地内には、日本軍が虐殺した 村人を投げ込んだ井戸の跡(血井)などもあった。

1937年10月といえば、上海で激戦がおこなわれていたころだ。南京陥落はこの年の12月13日である。日中戦争のきわめて初期の段階から、一般住民に 対する虐殺があったことを梅花鎮は教えてくれる。この河北省の作戦に参加した第16師団(中島今朝吾師団長)は、11月から一転して南京攻略戦に参加、あ の悪名高い南京大虐殺に手を染めるのである。(井上久士)

Home > 中国こぼれ話 > 第13回:梅花鎮

検索
解決へ向けた取り組み
おすすめ書籍

Return to page top